フロアコーティングで保護するメリットとは

フロアをいつまでも綺麗に保つ為には、掃除だけでなく表面を保護することが重要となります。


表面を保護し、汚れや傷が付きにくい状態にしておくことで、フロアの劣化を防ぐことが可能です。

東京のフロアコーティング情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

そんなフロアの保護というと、ワックスがけがイメージされることが多いですが、近年ではフロアコーティングを選ぶ人も増えてきています。

ワックスとフロアコーティングを同一視している人も少なくありませんが、実際には大きく異なるものである為、違いをしっかりと理解しておくことが大切です。

この両者の大きな実用上の大きな違いとして挙げられるのが、耐用年数です。

ワックスがけで美しさを維持する為には、少なくとも数ヶ月に1回の塗り直しが必要となりますが、フロアコーティングは一度行えば、10年から30年といった長期間にわたって状態を維持することができます。

当然ながら、ワックスよりもコーティングの方が1回あたりの費用が高価ではありますが、手間がかからず、長期的なコストパフォーマンスが良い為、賃貸ではなく持ち家の場合は検討してみることがおすすめです。

また、日々の掃除が簡単になる点も、フロアコーティングのメリットとして挙げられます。

ワックスは水に弱い為、水拭きで掃除をすることが難しい一面がありますが、コーティングは防水に優れている為、汚れを水拭きでサッと落とすことができます。

コトバンクの新しい魅力を紹介します。

また、水拭きで簡単に掃除ができることで、ダニなどを原因とするシックハウス症候群が防げるのも、フロアコーティングの魅力です。