フロアコーティングの種類

家をはじめとした建物のフローリングの保護に用いられるフロアコーティング。
シリコーン系樹脂を用いる方法とアクリル系樹脂を用いる方法に大別されます。前者を狭い意味での「フロアコーティング」とも言いますが、その場合はアクリル系樹脂をワックスと呼んで区別します。

東京のフロアコーティング情報は見逃せません。

おもに家に用いられるのは硬く傷が付きにくい上に水拭き出来てメンテナンスが要らないシリコーン系樹脂です。


なので、ここではシリコーン系樹脂の分類について説明していきたいと思います。

この方法の特徴は「定着に揮発性の物質を使う」ということです。

そのままでは硬くて塗るのに適さない樹脂をトルエンなどの有機溶剤やアルコール(エチルアルコールがよく用いられます)に溶かし、ゲル状にして塗るのです。
溶媒が揮発した後にはゾル状に戻ったシリコーン系樹脂がきれいに残るというあんばいです。

「トルエンやエタノール」と聞いて嫌な顔をされる人が多いでしょうが、施工段階で完全に無くなりますし、施工後に空気中の物質濃度を測定できる機械を使って基準を下回っているか検査を行います。

大抵の会社では国の基準よりはるかに厳しい検査を行うために健康には問題が無いと言って良いでしょう。どうしても気になるならば日中に2時間ほど開けておくと後に残った微かな臭いも消えます。

人気の教えて!gooを利用するなら此方のサイトです。

フロアコーティングを行う方法は時と場合、フローリングの素材などさまざまな要因によって異なります。
自分の状況に応じて、適切な工法を選択しましょう。